新湯ブログ

<立岩の峰のラクダ>

雲仙ガイドさるふぁの佐々木さんがまた面白い岩を発見しました。
普賢岳新登山道にある立岩の峰。
そこでラクダを発見。
と言っても本物ではもちろんなく、ラクダの形をした岩です。
佐々木さんは「キャメルロック」と呼んでいます。
普賢岳新登山道には、有名な「鷹岩」のほかにタコに見える木や
ゴリラ、牛、サメなどに見える岩がありますので、
登山をしながら、見つけてみるのも面白いと思います。
ぜひ皆さんも普賢岳新登山道に挑戦してみて下さい…。

PA160017.jpg

PA160018.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<地獄のナイトツアー>

雲仙もずいぶん寒くなってきましたが、
こういう寒い時こそお薦めなのが「地獄のナイトツアー」です。
ライトを持って夜の地獄を巡るツアーなのですが、
なぜ夜巡るのかというと、
夜しかわからない地獄の秘密があるからなんです。
詳しくは言えませんが、その1つが「音」なんです。
昼間は気づかない「音」が夜、聞こえてくるんです。
そして、地獄の熱を感じることも出来ます。地獄は暖かいんです。
なので、これからの寒い季節にもぴったりのツアーなんです。
地獄のナイトツアーは、夜8時20分〜約50分間。
清七地獄駐車場集合。大人500円。小学生250円。要予約。
予約、お問い合わせは、TEL. 0957-73-2626 雲仙ガイドさるふぁ まで。

01a.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<宝原パノラマ展望台>

雲仙温泉街から南に車で10分ほど行ったところに宝原園地があります。
高岩山という山のふもとで、宝原と書いて「ほうばる」と読みます。
ここは春、ミヤマキリシマの名所の1つとして知られる所です。
駐車場から真っ直ぐ東に延びた坂道を登って行くと展望台があります。
その展望台から南に5分くらい歩いて行った所にパノラマ展望台があります。
この展望台があまり人が来ない穴場の絶景スポットなんです。
ここから見える雲仙の山々は本当に美しく、何時間見ても飽きません。
360度のパノラマ絶景、皆さんも楽しんでみませんか。

E-52020110517_047.jpg

E-52020110517_049s.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<シャシャンボ>

雲仙地獄に黒い小さな実が沢山なってます。
これは、シャシャンボというツツジの仲間の実です。
シャシャンボは、ドウダンツツジと同じように
白い釣鐘状のお花を7月に咲かせます。
しかし、ツツジとは思えない割と大きな木です。
そして、秋には実が生りますが、これが小粒なブルーベリーという感じです。
実は…ブルーベリーはツツジの仲間なんです。ご存じでしたか?
つまり、シャシャンボは言ってみれば、和風ブルーベリーなんです。
皆さんも雲仙地獄でシャシャンボの実を見つけてみて下さい。

PA220045.jpg

PA220042.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<白雲の池の紅葉>

雲仙温泉街から15分ほど歩いたところにある白雲の池。
今、白雲の池の紅葉が見ごろを迎えています。
約1.2haのこじんまりした湖ですが、森に囲まれたとても美しいところです。
明治、大正、昭和の初めまで池の周りは牧場で羊が沢山いましたが、
今は野鳥たちが沢山さえずり、飛び回っています。
そして、実は隠れた紅葉スポットでもあります。
色鮮やかな紅葉が湖面に映った光景は本当に美しいです。
近くには駐車場もあり、車で行くことも出来ます。(駐車場も紅葉が綺麗です。)
ぜひ皆さんも訪れてみて下さい。

PB030032.jpg

PB030033.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<雲仙地獄の紅葉>

雲仙温泉街、雲仙地獄の周辺も紅葉してきました。
カエデ、ヤマボウシ、ネジキ、ヤマザクラなど紅葉してますが
雲仙地獄周辺の紅葉で一番多いのは、シロドウダンです。
ツツジの仲間のシロドウダンは、実は雲仙にしかないドウダンツツジです。
なので、国の天然記念物にも指定されています。
お花は5月に白くて小さい釣鐘状のお花がブドウの房のように咲きます。
葉も小さいので派手さはありませんが、でも真っ赤に紅葉します。
どこか上品です。
皆さんも雲仙地獄でシロドウダンを見つけてみて下さい。

PA220037.jpg

004 (2).jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<雲仙の紅葉が見ごろ>

雲仙仁田峠周辺の紅葉が見ごろを迎えています。
シロドウダン、コマユミ、ナナカマドや沢山のカエデ類が
赤、黄、オレンジと色とりどりに雲仙のお山を彩っています。
紅葉スポットは、ロープウェイの下の妙見岳の山肌。
そして、裏紅葉スポットは、国見岳と普賢岳の間の鬼人谷です。
ここはお山の北側なので、気温も低く、とても綺麗に紅葉します。
ロープウェイで妙見岳に登り、妙見岳カルデラを国見岳方向に
約30分歩くと急な下り坂が現れます。その坂を少し下ると
目の前に鬼人谷が見えてきます。ぜひ一度行かれてみて下さい。

PA230018.jpg

041.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<雲仙紅葉ウォーク >

11月3日(土)の文化の日に毎年恒例「雲仙紅葉ウォーク」が開催されます。
コースは3コース。普賢岳新登山コース10km。秋の雲仙満喫コース8km。
雲仙ジオ体感コース5km。
今年開通した普賢岳新登山コースも勿論、おすすめですが、
一番のおすすめは、雲仙ジオ体感コース。
このコースだけプロガイドの楽しいお話を聞きながらのウォーキングです。
雲仙の自然や歴史を学びながら、美しい秋の雲仙を楽しむことが出来ます。
参加には、予約申し込みが必要となります。
お問い合わせは、TEL. 0957-73-2233 雲仙紅葉ウォーク実行委員会まで。

007.jpg

013.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<雲仙矢岳園地>

雲仙地獄で一番活発な大叫喚地獄のそばにある自然歩道の階段を
7〜8分登って行くと、矢岳園地に到着します。
ここは特別何かがあるわけではないのですが、
広々としたスペースはとても気持ちよく、
お弁当を大人数で食べるのにもってこいの場所です。
緑に囲まれた園地には野鳥や昆虫が多く見られて、
子どもさんとの自然観察にももってこいです。
ここから約30分ほど登山道を登ると矢岳の山頂に着きます。
普段、ほとんど人がいないので、
静かに過ごした方にはすごくいい場所だと思います。

035.jpg

036.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<雲仙地獄の泥火山>

お糸地獄の横の高台になっている所に泥火山というのがあります。
高さ40cmほどに盛り上がった中央には穴があいてて、
そこから蒸気が出てます。
この泥火山は4年前に出来たもの。
言ってみれば4歳の火山。
ミニ火山なんです。
出来た当初は、ものすごい勢いで噴火してて、遊歩道まで飛んできてました。
今は落ち着いた状態ですが、でもたまに噴火します。
耳を澄ますと、「ボコッ、ボコボコッ」と、小さいながらも迫力のある音が聞こえます。
地球が生きているということが実感できます。
皆さんも雲仙地獄で地球の小さい息吹を感じて下さい。

泥火山.jpg

P9210005.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

このページの先頭へ