新湯ブログ

<雲仙の花ぼうろ>

季節はすっかり冬になりましたが、雲仙の冬と言ったら何と言っても霧氷です。
山の木々に空気中の水分が吹くつけられた氷の結晶ですが、
これから雲仙の山々を白く彩ります。
まるで白いお花が山一面に咲いたように…
なので、雲仙では霧氷の事を「花ぼうろ」と呼んでいます。
霧氷は冬、常に出来る訳ではなく、ある条件が揃わないと出来ません。
まず氷点下、そして雲や霧があること、そして風…
この3つ条件が夜に揃うと翌朝、綺麗な霧氷が出来ます。
写真でも霧氷は綺麗ですが、実物は本当に本当に綺麗です。
皆さんもぜひ一度、本物の霧氷を見に雲仙にお越し下さい。

048.jpg

MA331073.JPG
- | comments (0) | trackbacks (0)

<地獄のそうめん?>

雲仙地獄の清七地獄と雀地獄の間にある小川に面白いものがあります。
小川の中に白い糸状のものがよく見られます。
まるで、そうめん流しのそうめんみたいです。
実はこれ、糸状に伸びた湯の花なんです…。
実はこの小川、温泉が湧いてるんです。
温泉が湧くということは、湯の花も出来るということです。
その湯の花が小川の流れで細く糸状になってしまうんです。
本当に見た目、そうめんです。でも勿論、食べられません。
皆さんもこの地獄のそうめんを見つけてみて下さいね。

地獄のソーメン.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<立岩の峰のラクダ>

雲仙ガイドさるふぁの佐々木さんがまた面白い岩を発見しました。
普賢岳新登山道にある立岩の峰。
そこでラクダを発見。
と言っても本物ではもちろんなく、ラクダの形をした岩です。
佐々木さんは「キャメルロック」と呼んでいます。
普賢岳新登山道には、有名な「鷹岩」のほかにタコに見える木や
ゴリラ、牛、サメなどに見える岩がありますので、
登山をしながら、見つけてみるのも面白いと思います。
ぜひ皆さんも普賢岳新登山道に挑戦してみて下さい…。

PA160017.jpg

PA160018.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<地獄のナイトツアー>

雲仙もずいぶん寒くなってきましたが、
こういう寒い時こそお薦めなのが「地獄のナイトツアー」です。
ライトを持って夜の地獄を巡るツアーなのですが、
なぜ夜巡るのかというと、
夜しかわからない地獄の秘密があるからなんです。
詳しくは言えませんが、その1つが「音」なんです。
昼間は気づかない「音」が夜、聞こえてくるんです。
そして、地獄の熱を感じることも出来ます。地獄は暖かいんです。
なので、これからの寒い季節にもぴったりのツアーなんです。
地獄のナイトツアーは、夜8時20分〜約50分間。
清七地獄駐車場集合。大人500円。小学生250円。要予約。
予約、お問い合わせは、TEL. 0957-73-2626 雲仙ガイドさるふぁ まで。

01a.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<宝原パノラマ展望台>

雲仙温泉街から南に車で10分ほど行ったところに宝原園地があります。
高岩山という山のふもとで、宝原と書いて「ほうばる」と読みます。
ここは春、ミヤマキリシマの名所の1つとして知られる所です。
駐車場から真っ直ぐ東に延びた坂道を登って行くと展望台があります。
その展望台から南に5分くらい歩いて行った所にパノラマ展望台があります。
この展望台があまり人が来ない穴場の絶景スポットなんです。
ここから見える雲仙の山々は本当に美しく、何時間見ても飽きません。
360度のパノラマ絶景、皆さんも楽しんでみませんか。

E-52020110517_047.jpg

E-52020110517_049s.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

このページの先頭へ