新湯ブログ

<地獄の温泉たまご>

雲仙地獄に行ったら是非食べたいのが雲仙地獄名物「温泉たまご」。
100度以上の蒸気で蒸した温泉たまごはお世辞抜きで本当に美味しい。
秘密は「茹でる」のではなく、「蒸してる」こと。
硫黄泉の蒸気がたまごの中まで入り込み、殻もスルッとむける。
白身はプルッとして、黄身はとても濃厚。普通のゆで卵とは一味違う。
温泉の蒸気…まさに大地が作ったジオフード。皆様も是非ご賞味下さい。
温泉たまごは、清七地獄から入ってすぐの建物で販売。4個300円。2個200円。

92490001.jpg

92490003.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<県情報誌「にこり」>

長崎県が年6回発行している情報誌「にこり」。
その最新号(No.14)は雲仙特集。12ページに亘り、雲仙の歴史や自然を紹介。
「海外セレブが愛したハイカラ避暑地、UNZEN」と題した特集で
おもに明治、大正、昭和の初め、雲仙が外国人避暑地だった時代を中心に
貴重な写真や美しい風景、自然…。そして、興味深い話が満載。
この情報誌は、長崎県内の銀行や郵便局、公共施設などで閲覧可能。
ネットでも見ることが出来る。「長崎にこり」で検索でネット版「にこり」閲覧可能。

P7310151.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

<おしどりの池大黒天像>

県道128号線沿いの稚児落しの滝園地からおしどりの池沿いを約10分ほど歩くと鳥居が現れる。
その鳥居をくぐって階段を上って行くと、森の中に重なり合った大きな岩が現れる。
その真ん中付近の岩をよく見ると顔が彫ってある。
大黒天様だ。大黒天磨崖仏。森の中にひっそりといらっしゃる。
この大黒天像、誰がいつ彫ったものなのか判っていない。
雲仙は温泉街になる前、修験道などの山岳信仰の霊山として栄えていた。
多い時には、千人くらいの僧が修行をしていた。
その修行僧の誰かが彫ったのではないか、と言われている。
それにしても、大黒天像周りの岩は絶妙なバランスで重なり合っている。
最近話題のパワースポットの1つだ。

大黒天像.jpg

daikokuten.JPG
- | comments (0) | trackbacks (0)

このページの先頭へ