新湯ブログ

<夏の花、ノリウツギ>

夏の雲仙の山々を白く彩っているのは、ノリウツギというお花。
白い円すい形の花序が特徴。
4枚の花びらのお花が目立つが、これは装飾花。
種子を作る能力を失っているので装飾花と呼ばれる。
ノリウツギの名前の由来は、樹皮から紙用の糊(のり)を作ったことから来ている。
漢字では、糊空木と書く。
空木の名の通り、樹木の中が空洞になっている。
雲仙のあちこちで見られるが、特に仁田峠循環道や妙見岳に多く見られる。
夏の青空と清楚な白いお花がとても爽やかな印象を醸し出す。

夏の花.JPG

夏の花2.JPG
- | comments (0) | trackbacks (0)

このページの先頭へ