新湯ブログ

<サンセットヒル〜絹笠山◆

明治、大正、昭和の初めまで、外国人避暑地だった雲仙。
その当時、白雲の池、絹笠山周辺は牧場で、沢山の羊たちが絹笠山に登っていた。
外国人たちも、よく絹笠山に登っていた。
その外国人たちは、この絹笠山のことをサンセットヒルと呼んでいた。
夕日がものすごく綺麗に見えるからだ。
絹笠山の西側は橘湾。海に沈む夕日。海面に映る夕日は、この上なく美しい。
振り返ると、温泉街と雲仙の山々がオレンジ色に輝いている。
夕方の心地いい風に吹かれて、作りものではない、大自然の芸術を存分に満喫出来る。

白雲の池から約30分。
(温泉街から約50分)絹笠山は気軽に楽しめるトレッキングコース。
お問い合わせ TEL. 0957-73-2626 雲仙ガイドさるふぁ まで。

サンセット.JPG

サンセット2.JPG
- | comments (0) | trackbacks (0)

<360°のパノラマ〜絹笠山 

白雲の池から森の中の登山道を約30分登ると標高870mの絹笠山山頂に着く。
雲仙温泉街の西側にある絹笠山は、周囲に遮るものがないので、360°のパノラマ絶景が楽しめる。
まず、東側に目をやると、眼下に温泉街が広がる。
その向こうに雲仙ゴルフ場があり、右側に矢岳。その奥に野岳。
その右側に雲仙岳のメイン、妙見岳、国見岳、平成新山が望める。
北の方に目をやると、九千部岳…。南側には高岩山…。
雲仙のほとんどの山が見られる。
次に、西側に目を移すと、橘湾が眼下に広がり、その向こうに長崎半島。
北側には諫早や大村湾が見え、南側には天草の島々が望める。
そんなに高い山ではないのに山頂からの眺めは
まさに360°パノラマの絶景である。

絹笠山.JPG

絹笠山2.JPG
- | comments (0) | trackbacks (0)

このページの先頭へ