新湯ブログ

<雲仙山満明寺>

島鉄バス雲仙営業所の横にある階段を登ると雲仙山満明寺があります。
このお寺は、大宝元年、701年に僧、行基によって開山されたと言われ、
かつては比叡山、高野山とともに天下の三山とも称されました。
その後、何度か消失しましたが、江戸時代に再建され、
現在は、京都の仁和寺の系列で、真言宗のお寺です。
この満明寺には高さ5mの黄金に輝く大仏様がいらっしゃいます。
純金の金箔を何層にも貼った大仏様はとても美しく、一見の価値ありです。
また裏山には、四国八十八か所巡りを模した「ミニお遍路さん」もあり、
ゆっくり周囲の自然を楽しみながら巡ることも出来ます。


018 (2).jpg

035 (3).jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントフォーム

icons:

トラックバック


このページの先頭へ