新湯ブログ

<雲仙、三鈷の松>

小地獄温泉から一切経の滝に向かい途中に「三鈷の松」と呼ばれる松の木がある。
普通、松の尖った葉は二本(もしくは五本)だが、この松の葉は三本。
名前の由来が面白い。弘法大使、空海が中国から日本に戻って来る時、
日本のどこで修行をしようか迷っていた。
なかなか決まらないので、空海は、密教の法具「三鈷杵」を中国から日本に投げ、
その落ちた所で修行をしようと決める。
そして投げてみると、高野山の松の木に引っ掛かった。
その松の葉が三本だったので「三鈷の松」と呼ばれるようになった。
その三鈷の松がなぜ雲仙にあるのか?
それはかつて雲仙が高野山と同じように修行の山、霊山だったからで
高野山と交流があったからではないかと言われている。

_O6E5554Y2.jpg

098.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントフォーム

icons:

トラックバック


このページの先頭へ