新湯ブログ

<雲仙の木、ヤマボウシ>

梅雨時期の雲仙の山々を白く彩るのがヤマボウシです。
ミズキ科の植物で、雨が大好きなので、この梅雨時期にお花を咲かせます。
4枚の白い花びらに見えるのは、実は花びらではなく、
総苞片という葉が変形したもので、
本当のお花は、中央の球体の部分で、20個ほどの小さい花を咲かせます。
雲仙市の木に指定されてるヤマボウシは、
雲仙のあちこちの山々で見られますが、
特に吹越や田代原では、多くのヤマボウシが見られます。
修行僧が被る白い頭巾に似ているので「山法師」。
山まで行かなくても、温泉街のホテルの近くの沿道などでも見られますよ。

IMGP0035.jpg

IMGP0041.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントフォーム

icons:

トラックバック


このページの先頭へ